韓国と北朝鮮 副首相会談実現せず 違い浮彫りに

ロシア極東で開かれた東方経済フォーラムでは、韓国と北朝鮮の副首相がそろいましたが、短くことばを交わしただけで会談は実現しませんでした。南北間の対話再開を繰り返し呼びかける韓国と、アメリカと合同軍事演習を行うなどした韓国とは対話しないとする北朝鮮との立場の違いが、改めて浮き彫りとなった形です。
ロシア極東のウラジオストクで、6日まで3日間開かれた東方経済フォーラムに出席していた韓国のホン・ナムギ(洪楠基)副首相は、午後、帰国の途につきました。

ホン副首相は、期間中、ロシアのトルトネフ副首相と個別に会談しましたが、北朝鮮が例年より格を上げて派遣したリ・リョンナム副首相とは、5日の全体会合の会場で、ホン副首相が話しかけて短くことばを交わしただけで会談は実現しませんでした。

ムン・ジェイン(文在寅)政権は、非核化をめぐる米朝交渉に進展が見られない中、停滞している南北間の対話再開を繰り返し呼びかけています。

一方の北朝鮮は、先月アメリカと合同軍事演習を行うなどした韓国とは対話しないとする姿勢を崩していません。

リ副首相も5日、NHKなどの問いかけに対し、韓国について、「南北の共同宣言に明記されたことを履行すべきなのにしていない」と強い不満を示し、南北の立場の違いが改めて浮き彫りとなった形です。

チャンネル登録
https://www.youtube.com/channel/UC6K7GqewbZ5wVN1-9sAoaNA?sub_confirmation=1

著作権
https://www.nhk.or.jp

著作権に何か問題がある場合は、このメールにご連絡頂ければありがとうです。
メール先:dailynewsest24h@gmail.com