「金氏が再び新型兵器の実験視察」北メディア報じる(19/08/17)

北朝鮮メディアは「金正恩委員長が再び、新型兵器の発射実験を視察した」と伝えました。16日に発射した飛翔(ひしょう)体をさすとみられます。 17日付の労働新聞は、金委員長が新型兵器の発射実験を視察した様子を写真入りで大きく報じました。今月10日に発射したミサイルに似た飛翔体が移動式発射台から打ち上げられ、目標に命中しているのが分かります。金委員長は満足の意を示し、「誰も手出しできない無敵の軍事力を保有するのが目標だ」と述べたということです。韓国軍は、北朝鮮が16日に発射した2発の飛翔体について、飛距離は約230キロ、高度は約30キロと発表していて、北朝鮮の17日の報道はこれをさすをみられます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp