北朝鮮 2発の短距離ミサイル発射

この2週間で4度目となる飛翔体の発射です。北朝鮮がきょう未明、日本海に向けて短距離弾道ミサイルとみられる飛翔体を2度発射したと韓国軍の合同参謀本部が明らかにしました。相次ぐ飛翔体の発射には、きのう始まった米韓合同軍事演習への対抗姿勢を強調する狙いがあるとみられます。朝鮮中央通信によりますと、北朝鮮外務省の報道官は、米韓の対応次第では「新たな道を模索せざるを得ない」と警告しました。