文大統領5日の声明「北朝鮮とタッグを組む」どうだ怖いか

ムン・ジェイン大統領は5日、「日本は決して私たちの経済の飛躍を防ぐことができない」とし「むしろ経済大国に行くために私たちの意志をより育ててくれる刺激になるだろう」と述べた。
ドア大統領はこの日午後、大統領府で主宰したシニア・アドバイザー会議で「日本の貿易報復に政府・企業・国民が心を一つに対応いただき、感謝する」と明らかにした。
特に、「今回のことを体験し、平和、経済の切実さを改めて確認することができた」とし「日本経済が、私たちの経済よりも優位にあるのは、経済規模と国内市場では、南北間の経済協力に平和経済が実現すれば、私たちは一気に追いつくことができる」と強調した。
ドア大統領の今回の対日メッセージは2日、日本が白の国で韓国を公式除く直後の緊急閣議で、日本を高強度で批判してから三日目に出てきたものである。
日本の非理性的な決定を脱(脫)日本のきっかけとすると同時に、日本経済を超える一つのカードで、韓半島の平和ムードを通じた「韓半島の平和経済」を提示しながら、日本を越えてという強い意志を再度強調したものと解釈される。
ドア大統領は「平和の経済は、南北と米朝関係に屈曲があるとして簡単に悲観したり、放棄ではない」とし「長い年月の対立・不信があっただけにしつこい意志を持って、お互いの信頼を回復して進まなければ可能なことだ」と言及した。
それとともに「平和の経済こそ、世界のどの国も持つことができない私たちだけの未来という確信を持って、南北が一緒に努力していくと、非核化と一緒に韓半島の平和とその土台の上に、共同繁栄を実現することができるだろう」と付け加えた。
続いて「日本政府は、これまで痛い過去を乗り越え、互恵協力的な韓日関係を発展させてきた両国民に大きな傷を与えている」とし「過去を覚えていない国、日本という批判も日本政府自ら作っている」と指摘した。
また、「日本の自由貿易秩序毀損に対する国際社会の批判も非常に大きい」とした。
ドア大統領は「日本は経済力だけで世界の指導者の地位に立つことがないという点を悟らなければならない」とし「私たちは、経済大国に行くための決意を新たにしながらも、民主・人権の価値を最も大切に自由で公正な経済、平和・協力の秩序を一貫して追求する」と明らかにした。
特に「韓半島の平和秩序を主導的に開拓し、国際舞台で共存共栄と互恵協力の精神をまっすぐ実践していく」とし、「国際社会の責任ある一員として、人類普遍の価値と国際規範を守っていく」と強調した。
ドア大統領は「大韓民国は道徳的優位性をもとに、成熟した民主主義の上に平和国家と文化強国の地位を高め、経済大国としての新しい未来を切り開いていく」とした。翻訳記事:聯合ニュース