【MLB】大谷翔平、第2打席は快足内野安打で今季23度目マルチ! 今季9個目の盗塁マーク|ニフティニュース

第1打席では打球速度166キロの痛烈中前打
■エンゼルス – タイガース(日本時間31日・アナハイム)
エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、本拠地タイガース戦に「3番・DH」で6試合連続スタメン出場。第2打席でも三塁内野安打を放ち今季23度目のマルチ安打を放った。今季9個目の盗塁もマークした。
2点リードで迎えた3回の第2打席は三塁への痛烈な打球を放ち、快足を飛ばし三塁内野安打を奪った。さらにすかさず二盗を決め今季9個目の盗塁をマークした。初回1死一塁で迎えた第1打席は打球速度103マイル(約166キロ)を記録する痛烈な中前打を放っていた。
試合前には「東北・熊本復興支援ベースボールプロジェクト」で球場に訪れていた岩手・熊本の野球少年たち17人と記念写真を行うなど交流。現地で合宿を張る“後輩”たちに向け今季23度目のマルチ安打を届けた。(Full-Count編集部)