北朝鮮が飛翔体「我が国への影響確認されず」防衛省(19/07/31)

北朝鮮が31日未明、東部の元山(ウォンサン)付近から飛翔(ひしょう)体数発を発射したと韓国軍が発表しました。 韓国軍によりますと、北朝鮮は未明に東部の元山付近から飛翔体を数発発射したということです。北朝鮮は25日にも新型の短距離弾道ミサイルを2発発射したばかりで、韓国軍は弾道ミサイルかどうか分析を進めるとともに、追加の発射に備えて警戒を強めています。アメリカと韓国は来月5日から韓国で合同軍事演習を実施する予定で、北朝鮮は反発を強めていました。日本の防衛省は「我が国の領域や排他的経済水域への弾道ミサイルの飛来は確認されておらず、現時点において我が国の安全保障に直ちに影響を与えるような事態は確認されていません」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp