【MLB】大谷翔平、ニゴロ併殺打&右飛で2打席凡退 2試合ぶり本塁打に期待|ニフティニュース

本拠地のタイガース戦で「3番・指名打者」で5試合連続先発出場した ■エンゼルス – タイガース(日本時間30日・アナハイム)  エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地のタイガース戦で「3番・指名打者」で5試合連続スタメン出場。初回の第1打席はニゴロ併殺打に倒れ、4回の第2打席は右飛だった。2試合ぶりの安打、本塁打が期待される。  初回1死一塁。通算94勝右腕ジマーマンと初対戦。打球速度115マイル(約185キロ)の自己最速タイの痛烈な打球だったが、二塁手の正面で二ゴロ併殺打に倒れた。併殺打は今季2本目だ。4回2死は右飛に倒れた。  大谷は28日(同29日)の本拠地オリオールズ戦で4打数無安打。内容は左飛、左飛、遊ゴロ、三ゴロで、3試合ぶりの無安打に終わった。それでも、オースマス監督は試合前に、「彼は先日本塁打を放った。レフトへの2本のフライも、他の球場なら本塁打になっていただろう。彼はヒットを打っている。ここ数日うまく打っているのは良いことだ」と復調を期待していた。(Full-Count編集部)