【MLB】大谷翔平に復調の予感 オースマス監督「ここ数日うまく打っているのは良いこと」|ニフティニュース

本拠地タイガース戦で「3番・DH」でスタメン出場する 94勝右腕ジマーマン撃ち16号本塁打に期待
■エンゼルス – タイガース(日本時間30日・アナハイム)
エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地のタイガース戦で「3番・指名打者」でスタメン出場する。2試合ぶり安打と本塁打が期待される。
大谷は28日(同29日)の本拠地オリオールズ戦で4打数無安打。内容は左飛、左飛、遊ゴロ、三ゴロで3試合ぶりの無安打に終わった。それでも、オースマス監督は試合前に、「彼は先日本塁打を放った。レフトへの2本のフライも、他の球場なら本塁打になっていただろう。彼はヒットを打っている。ここ数日うまく打っているのは良いことだ。良い打者だと分かると、対策される。打者として、それに対応しなければならない」と期待した。
この日の試合前には40フィートから90フィート(約12.2~27.4メートル)の距離を取ってキャッチボールを行った。タイガースはジョーダン・ジマーマンが先発する。今季は0勝8敗、防御率7.57。12年から4年連続2桁勝利を挙げ、通算では94勝86敗、防御率3.97。後半戦2本目のアーチに期待したいところだ。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)