北朝鮮専門家対談「輸出規制に隠された日本の策動を暴く」

2019年7月28日、北朝鮮の対南宣伝サイト「わが民族同士」のコラムで「南朝鮮情勢の専門家と祖国統一研究院研究史が対談」と題し、日本の韓国に対する輸出規制強化の策略について対談した。
動画の続きは以下(機械翻訳)
研究社:それでは急激高まっている南朝鮮の各階層の反日機運にもかかわらず、日本が輸出規制措置を引き続き拡大する下心は何かということである。
安倍一味が南朝鮮に経済報復措置を取ったのはただ南朝鮮最高裁判所の一斉強制徴用被害者の賠償判決の反発に腹いせやしようのにいない。
ここでは、より見過ごすことができない安倍一味の蛇行下心が敷かれている。
それは何よりも南朝鮮に親日 “政権”を立てようのにと思う。
専門家:正しい。安倍一味が南朝鮮の経済に致命的な打撃となることがあると見て、半導体産業分野を選んで、経済報復措置を取ったのは鬱の南朝鮮の経済を完全に躊躇着席し県当局を罷免させ朴槿恵 “政権”のような親日売国「政権」をかけて着席せようと祈りから出発したものと見られる。
つまり、対日貿易依存度が高い南朝鮮経済に打撃を加え、民生を塗炭に陥れリムこと民心の半分 “政府”オーラを引き起こし、下年度「総選挙」とは、次期「大統領選挙」で現「政権」を崩して第2の朴槿恵親日 “政権”を立ててみようと画策しているのだ。
全朝鮮半島を併合し、さらに「大東亜共栄圏」のイェトクムを実現することをビョンハルスない国策としている日本の武士にとって南朝鮮に親日保守「政権」を立てることは焦眉の問題である。
バック年前100株王宮に侵入して、国の国母を燃やして殺し “ヘグ密使事件」を言い訳に一国の皇帝までペウィさせた強盗の群れがすぐ島国日本人だ。
このような国の人々が軍国主義復活の朝鮮半島再侵略の野望を夢見ている庭で何ジトインにないだろうか。
安倍と現内閣の大半が過去の朝鮮侵略と太平洋戦争を主導した戦犯たちの亡霊を換起うとする「日本会議」の主要構成員であるという事実を置いて見ると、これは決して憶測や懸念はない。
実地日本国内で南朝鮮の経済に打撃を与えて現「政権」を親日 “政権”に置き換えしたいというのが、日本の意図であるが、安倍政権の南朝鮮の「経済攻撃」は、実際には「政治攻撃」であり、目標は “ムン・ジェイン弾劾」との声が公然と鳴らし出ている。
結局、安倍一味の経済報復措置は、単に腹いせや復讐戦ではなく、さらに、一定の期間の「質々 “で終わる短期妄動ではなく、南朝鮮の「経済崩壊」、「政権崩壊」が行われるまで執拗に追求される「経済侵略”、”政治的干渉」としなければならあろう。
研究社:正しい言葉だ。さらに安倍一味のこれらの挑発的策動に便乗して「今唐」をはじめとする南朝鮮の親日的ペ勢力が猛威をくちばしながら県当局と与党を攻撃している。
この親日派は安倍一味の輸出規制措置に反対する各階層の正当な反日闘争を悪意に満ち中傷冒涜し、日本との妥協と屈従を扇動しながら、当局の運転当てている。
「今唐 “代表黄教安は安倍一味の経済報復措置について「過去から足止めされている韓日関係が、最終的に、今日の不幸な事態を起こした」としながら対日屈辱外交を強要するかと院内代表と敬遠とキム・ムンス、キム・ムソン、ユンヨウンソクをはじめとする悪質親日分子は、「県当局と与党が日帝時代でもないのに、反日竹槍闘争を扇動している。」、「感傷的民族主義、閉じた民族主義だけ濡れ感情外交葛藤で韓日関係を破綻た。、韓国日関係が崩れないように、未来志向的に災い転じて福のきっかけを作っていただきたい。」、「難しい合意を導出し出した政権が変わったと同じ韓国政府がこれを裏返しにして、今こうして韓日間の国交がとても難しくなった。」などの親日妄言を露骨にジュウェチョデミョ県当局を非難攻勢を一層強化している。
今、日本の右翼勢力が「経済報復」の刀を抜いて南朝鮮経済をさらに危機に追い込んで「土着なぜグダン」が以心伝心で、ここに応えることは、ロウソク革命の深刻な挑戦に違いない。
専門家:日本の強制徴用の戦犯企業の責任を明文化した最高裁判決は、1965年の屈辱的な「韓日協定」を排撃し、被害者の賠償請求が正当であることを明らかにした歴史的判決である。
ため、安倍一味の経済報復措置は全く不当なものであって、絶対に許されない。
売国的な日本軍性奴隷 “合意”の白紙、「国定教科書の第 “ペギーと強制徴用にドンジャサン立てる運動を広げがロウソク革命の高貴な成果従うならば、今になっ強制徴用請求権を放棄して日本軍性奴隷”合意 “を日本の意のままに履行できる親日 “政権”を立ててみよう祈ることは、最終的にロウソク革命をひっくり返る者も同然だ。