弾道ミサイル「韓国に重大な警告」 北朝鮮メディア(19/07/26)

25日に発射した短距離弾道ミサイルについて北朝鮮メディアが報道のなかで言及し、「韓国に対して重大な警告を送るための発射実験だった」と伝えた。 双眼鏡を手元に置いた金正恩委員長が見守るなか、光と煙を吐き出しながらミサイルが空へと向かった。満面の笑みで拍手した金委員長。ミサイル発射に成功したのだった。北朝鮮メディアによると、この発射はアメリカとの合同軍事演習を強行しようとしている韓国への重大な警告だというのだ。北朝鮮側は先月の板門店(パンムンジョム)での首脳会談でトランプ大統領が米韓合同軍事演習をやめると発言したと主張している。とはいえ26日、北朝鮮側が批判したのはアメリカではなく韓国だけ。また、韓国メディアはアメリカに届かない短距離弾道ミサイルだったことについてもアメリカが容認する挑発レベルだという分析もあるとしている。 一方、そのアメリカは韓国政府が国連安保理の決議に違反する弾道ミサイルだったと認めるなか、トランプ大統領は思わぬ姿勢を示した。今回のミサイル発射を問題視しないというのだ。また、ポンペオ国務長官は対話による外交的な解決があると引き続き確信していると話した。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp