北朝鮮が短距離ミサイル2発

韓国軍合同参謀本部は北朝鮮が日本海に向けて合わせて2発の飛翔体を発射したと明らかにしました。これに対し、岩屋防衛大臣は、「非常に遺憾だ」と北朝鮮を強く非難しました。韓国軍合同参謀本部によりますと午前5時34分と午前5時57分に北朝鮮が東部ウォンサン付近から日本海に向け、合わせて2発の飛翔体を発射したということです。飛翔体は、およそ430キロ飛行した模様です。北朝鮮による飛翔体の発射は、先月30日に米朝首脳会談が行われて以来、初めてです。政府は「日本の安全保障に直ちに影響を与える事態は確認されていない」としていますが、北朝鮮を強く非難しました。