【MLB】大谷翔平、第3打席は左飛で3打数1安打、トラウトが2打席連発の2ラン&満塁弾で6打点|ニフティニュース

4回の第2打席で快足飛ばして一塁への内野安打
■ブルージェイズ – エンゼルス(日本時間20日・トロント)
エンゼルスの大谷翔平投手が19日(日本時間20日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・DH」で8戦連続でスタメン出場し、第3打席は左飛に倒れた。
8試合連続で「3番・DH」に名を連ねた大谷。この日は、2016年に15勝2敗、防御率3.00の好成績をマークし最優秀防御率と最高勝率のタイトルを獲得したアーロン・サンチェス投手と対戦した。
第1打席は一ゴロに倒れたものの、第2打席は快足を飛ばして一塁への内野安打に。2試合、7打席ぶりの安打とした。第3打席は同点で迎えた4回。無死満塁からトラウトがこの日2本目の本塁打となる22号グランドスラムを放って一気に4点を勝ち越し、大谷は打席へ。2ボール1ストライクからの4球目の外角のボールを捉えた打球は左飛に終わった。
エンゼルスはトラウトが2回に21号2ラン、4回には22号満塁弾と2打席連発6打点の活躍で7-3と4点をリードしている。(Full-Count編集部)