平壌市トップがロシアへ出発 関係強化図る

北朝鮮の朝鮮労働党の金能五(キム・ヌンオ)・平壌(ピョンヤン)市党委員長が27日、ロシア訪問のため空路、平壌を出発した。平壌国際空港では李根石(リ・グンソク)・市党副委員長やロシアのマツェゴラ駐北朝鮮大使が見送った。4月下旬にロシア極東ウラジオストクで開かれたロ朝首脳会談を受け、ロシア側との関係強化を図るとみられる。