2019.01.31東京連続集会104_22◆朝鮮総連が日本国民にどれだけ被害を与えたか 増元照明(増元るみ子さん弟)

「チャンネル桜」の「拉致問題アワー」を担当しているんですが、昨日、アジア調査機構の加藤健さんに来ていただいて、以前に書かれた「朝鮮総連に破産申告を」の内容を紹介したんですが、北朝鮮の工作機関である朝鮮総連が、これまで日本にどれだけのことをやってきたか。そういうことが書いてあります。これを読んで、怒らなければだめですよね。
 朝鮮総連という組織が日本の中にまだ存在して、しかもずっと日本人に多大な被害を与えてきたということを、国会議員も真剣に考えなければいけないのではないですか。
 2002年の直前まで、小池さんも拉致議連の副会長として朝銀問題で色々やったみたいですが、大臣になったとたんにシュンとなりましたね。これは石破さんもそうですよ。会長、副会長が大臣に格上げされてから、北朝鮮に対する制裁の「せ」の字も言わなくなった。なぜか小泉政権に取り込まれるとそういう風になってしまう。
 本当に残念なことですが、今、朝鮮総連という組織を支える必要はないじゃないですか。必要があるんですか。非常に迷惑な団体ですよ。そこに配慮しない限り、絶対にあの人たちはまた資金を吸い上げて、北朝鮮に送金を許してしまう状況になるわけです。もっと考えてもらいたいですね。
 先ほど言いましたが、アメリカ頼みではだめなんです。日本が主体的にやらなければいけないし、アメリカに制裁の強化を頼むのであれば、日本国内にある北朝鮮支持団体をつぶすくらいのことを考えないと、やっていけないでしょう(拍手)。
 アメリカはアメリカファースト、日本は日本ファーストで、やはり日本のことを考えなければいけないし、その点では韓国のレーザー照射の問題に関してもっとやってほしいと思います。

●続きはこちらを
http://www.sukuukai.jp/report/20190131/20190131_22.html

●フォローをお願いします
▶︎ FACEBOOK https://www.facebook.com/Sukuukaijp/
▶︎ TWITTER https://twitter.com/sukuukai