トランプ米大統領、北朝鮮やイラン巡る情報機関トップの見解を一蹴 – エキサイトニュース

[ワシントン 30日 ロイター] – トランプ米大統領は30日、情報機関トップによる北朝鮮の核放棄を巡る考察を重要視しない考えを示したほか、イラン問題を巡り「過度に受け身でナイーブ」と批判した。 コーツ米国家情報長官は前日上院情報委員会で行った証言で、北朝鮮が実際に核兵器能力を放棄する公算は小さいとの認識を示した。さらに、イランは核爆弾製造を目指していないと述べ、トランプ大統領の見解とは対照的な