北朝鮮、“事実上の放置”105階規模の柳京ホテルを年内完工予定=RFA (1/31)

北朝鮮、“事実上の放置”105階規模の柳京ホテルを年内完工予定=RFA

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2019/0131/10228636.html

北朝鮮が1980年代に起工したまま開発断念状態にあった105階規模の柳京(リュギョン)ホテルを年内に完工する予定だと、米自由アジア放送(RFA)が31日報道した。

 RFAは北朝鮮内部の消息筋の言葉を引用し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長がこうした指示を下したと見られると伝えた。

 消息筋はまた、「柳京ホテルは最近、内部工事に拍車を掛けている」とし、「年内に工事を終了させ、開業まで至るよう指示があり、中央党次元で工事に関与している」と述べた。

 さらに、「内部工事に必要な設備や資金は党、軍、行政機関所属の貿易会社が各階別に分けて受け持っており、軍人らと科学技術突撃隊員が建設人材として動員され進めている」とし、「党所属の貿易会社が先にホテル100階に回転食堂設備を入れて内部工事を完成し、引き続き軍所属の貿易会社がホテル100階までのエレベータ設置を引き受けそれを成し遂げた」と説明した。

 消息筋はまた、「新年に入って中朝関係が良好なのか、ホテル内部工事に必要な設備品などが中国の支援のもと、続々と入ってきている」と言及した。

 1987年に起工したとされる柳京ホテルは当初、金日成(キム・イルソン)首席の80回目の誕生日である1992年4月の完工を目標としていたが、北朝鮮の経済悪化により白紙となり、事実上、放置されていた。

 最近、北朝鮮は柳京ホテルの外壁を活用し、夜間にレーザーショーを展開するなど観光資源活用方案を摸索中であるものとみられる。