米国家情報長官「北朝鮮が核放棄する公算小さい」 大統領の見方とは相容れない発言 – エキサイトニュース

[ワシントン 29日 ロイター] – コーツ米国家情報長官は29日、北朝鮮は核放棄に向けオープンであるとの姿勢を示しているものの、同国が実際に核兵器能力を放棄する公算は小さいとの認識を示した。 長官は上院情報委員会で行った証言で、北朝鮮は大量破壊兵器(WMD)に関連してこれまでの挑発的な行動を改め、核ミサイル実験は1年以上実施しておらず、一部の核関連施設も廃棄したと指摘。さらに、北朝鮮の金正恩朝