北朝鮮、国連に障害者権利協約履行報告書を初めて提出=VOA (1/25)

北朝鮮、国連に障害者権利協約履行報告書を初めて提出=VOA

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2019/0125/10228330.html

北朝鮮が初めて国連に障害者権利協約履行報告書を提出したと米国の声(VOA)放送が24日(現地時間)報道した。

 VOAによると北朝鮮は最近、国連障害者権利委員会に障害者権利協約履行に関する1次国家報告書を提出した。

 報告書には北朝鮮の憲法に障害者の権利に関する保護と増進の基本原則が明示されており、これを反映した障害者法後法があるという内容が盛り込まれた。

 また北朝鮮は障害者が他の市民と同等の権利を享受し、政治・経済・社会・文化などの分野で他の市民らと同等の保護と恩恵を享受していると明らかにした。

 北朝鮮は中央統計局の2017年資料を引用し、北朝鮮の障害者比率が全体人口の5.5%(137万5000人)だと明かした。

 肢体障害者は2.5%、聴覚障害者は1.3%、視覚障害者は1.2%、精神障害者は0.4%、知的障害は0.3%と報告された。