<アジア杯2019>AFC、北朝鮮に1万3000ドルの罰金 (1/22)

<アジア杯2019>AFC、北朝鮮に1万3000ドルの罰金

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2019/0122/10228082.html

アジアサッカー連盟(AFC)懲戒倫理委員会が北朝鮮サッカー代表チームに1万3000ドル(約140万円)の罰金を科した。

 AFC懲戒倫理委員会は20日(現地時間)、グループリーグ予選での警告および退場による懲戒結果を発表した。

 これによると北朝鮮は1万3000ドルの罰金が科された。E組の北朝鮮はサウジアラビア、カタール、レバノンに3連敗を喫した。この期間、1ゴールを決め11点を許し敗退した。

 試合に臨み、警告が多かったことが罰金につながった。ハン・グァンソン(伊ペルージャ)はサウジアラビアとの第1戦で警告2枚で退場。それにより5000ドルの罰金を科された。

 カタールとの第2戦はさらにひどかった。北朝鮮は1人が退場するなど計6枚の警告を受けた。チョン・イルグァン(スイス・FCルツェルン)は警告累積で退場となり、ハン・グァンソン同様、5000ドルの罰金を科された。

 カタール戦ではチョン・イルグァンを除いても4枚の警告を受けた。結局5人が警告を受け、AFCは北朝鮮サッカー協会に罰金3000ドルを科した。

 一方、韓国選手ではチョン・ウヨン(カタール・アルサッド)がフィリピン戦で受けた警告で唯一、罰金(5000ドル)を科された。