【速報】大谷翔平vs田中将大 メジャー初対決が現実となりファン歓喜!! バーランダーに完敗するも進化を続ける大谷と田中の夢の共演が遂に実現!!エンゼルスvsヤンキース

エンゼルスの大谷翔平とヤンキースの田中将大がアメリカの地で念願の初対決が決定!! アストロズ戦でバーランダー選手に完敗するも、更なる進化を続ける大谷選手と田中選手が夢の共演!!勝つのはどっちだ!?

動画をご覧いただきありがとうございます。
コメントやチャンネル登録お願い致します。
チャンネル登録はこちら→https://www.youtube.com/channel/UCYHq1w-oWA7D0dqcV-_ggVw

5月27日のエンゼルス対ヤンキース戦、遂に念願の日本人メジャーリーガー対決が実現となる。エンゼルスの大谷翔平とヤンキースの田中将大が、アメリカの地で初対決をすることが決定されたみたいです。前回のアストロズ戦でバーランダー選手に完敗した大谷翔平選手ですが、マリナーズ戦で見せた素晴らしいピッチングがヤンキースの田中選手にどこまで通用するのか、そして、大谷選手のバッティングで田中選手を打ち取れるのか、期待が高まります。

以下、大谷翔平選手の最新ニュースです。

(大谷翔平の最新ニュース①)

【MLB】大谷の活躍に“妬み”の声上がるも…米記者バッサリ&絶賛「これは社会現象」

他球団ファンから悔しさ混じりの“批判”、「素晴らしい存在ではない」の声に…
 メジャーデビューイヤーに二刀流で活躍を続けるエンゼルスの大谷翔平投手。16日(日本時間17日)の本拠地アストロズ戦では、メジャー屈指の右腕ジャスティン・バーランダーの前に3三振を含む4打数無安打に終わったが、その実力はすでに多くのメジャーリーガーも認めるところ。一方、メジャーのほぼ全チームが参戦した争奪戦に敗れたライバル球団のファンの一部からは、悔しさまじりに二刀流右腕を批判する声も出ている。そんなアンチの声を「野球ファンにおける最悪な一部分」と一刀両断する地元記者が登場し、話題を呼んでいる。

 大谷について、ツイッターで先日、「ここ20年で最高の物語だ。まったくもって信じられない」と称賛したのが、米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」のジャレッド・ダイヤモンド記者だ。だが、この「メジャー20年間で最高」という部分に対して、様々な声が返信欄で上がった。

「いつ彼は強打のチームと対戦するんだい? 我々はそれを待っている」

「打てるピッチャーは天才でもなければ、素晴らしい存在でもない。登板しない時に野手を務めるのなら怪物的と呼べるかもしれないが。今のところア・リーグのマッドバム(ジャイアンツの強打で有名なマディソン・バムガーナー投手)だ」

ダイヤモンド記者は二刀流を絶賛「100年間、誰にも成し遂げられなかった偉業」
 ベーブ・ルース以来、メジャー史で約100年ぶりの二刀流に挑む大谷の挑戦の偉大さを認めようとしないアンチの声に、ダイヤモンド記者は真っ向から反論。ツイートで様々な持論を展開し、さらに、10~13日(同11~14日)に対戦したツインズのローガン・モリソン内野手の「おそらく世界最高の選手」というコメントも紹介した。

 一歩もひるまないダイヤモンド記者は、さらに二刀流を大絶賛。「むしろ、過去20年間で最高の物語というのは十分ではないかもしれない。ショウヘイ・オオタニは100年間、誰にも成し遂げられなかった偉業に挑戦している。人々は不可能と言っていたんだ。球界で比類するものは存在しない」とツイートし、“アンチ大谷”を一刀両断した。

「素晴らしきショウヘイ・オオタニをバッシングしようとする“野球ファン”は、野球ファンの世界において最悪な部分の一つだ。他のどんなスポーツでも、世界中のファンはこういったストーリーを共有するはずだろう。これは社会現象なんだ。野球ファンはそうじゃない」

 全米でセンセーションを巻き起こしている大谷。ライバル球団のファンからは妬み半分の批判も出ているが、大谷の挑戦を野球ファンなら誰もが享受すべき――。ダイヤモンド記者は終始一貫して二刀流の男を称えていた。

(引用元:Full-count)

(大谷翔平の最新ニュース②)

川口春奈、大谷翔平に会いにアメリカへ ファン、大谷選手をうらやむ

女優の川口春奈が17日、自身のインスタグラムに大谷翔平選手が出場するMLBのロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム×ヒューストン・アストロズ戦を観戦する様子をアップ。ファンから「いいなー」「大谷が羨ましいw」といったコメントが寄せられている。

 「やっとこさ、、、大谷選手に会いに来ました」とのキャプションを添えて投稿されたのは、エンゼルスのキャップとユニフォームを身に着け、ポップコーン片手に観戦する川口の写真4枚。ユニフォームの背番号はもちろん大谷の「17」であると、4枚目の写真で分かる。

 これに対し、ファンは「アメリカにいるのね!!」「現地まですごい。。」「え!行ってたんや いいなぁ」「ユニ似合ってますかわいいいいいいい」「キャップまで大谷仕様とは!」「帽子のサイズが合ってないのがまたさらにいいっす」「かわいすぎてむり」といったコメントが殺到。

 川口の洒落っ気ある意味深キャプションを受け、「大谷選手が羨ましいですね!」「彼女感!」「カップルになってほしいです」「川口さんと大谷くんならお似合いだよね」「ビックカップルなってほしー!!笑」「大谷選手も、嬉しいでしょうね」「大谷と結婚してください」といった先走ったコメントも散見された。

(引用元:クランクイン)

(大谷翔平の最新ニュース③)

大谷翔平、剛腕バーランダーに4打数無安打3三振 エンゼルスは零封負けで奪首ならず…

エンゼルス0-2アストロズ(16日、アナハイム)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(23)は、同じア・リーグ西地区のアストロズとの首位攻防戦に「2番・DH」で先発出場し、4打数無安打3三振だった。メジャー屈指の剛腕バーランダーの前に0-2で5安打零封負け。首位奪取とはならなかった。大谷の打率は・325となった。

 2試合連続で2番で起用された大谷。一回の第1打席は一死走者なしで回り、通算192勝右腕のバーランダーの前に空振り三振に倒れた。エ軍は先発のリチャーズが二回二死一塁から8番・ギャティスに4号2ランを浴び、先制を許した。

 大谷の四回先頭の第2打席は、カウント1-2から外角のチェンジアップに合わせたが、バットの先に当たり、二ゴロに倒れた。六回二死走者なしで迎えた第3打席は外角高めのボール球に空振り三振。第4打席は九回、先頭で立ったが、またも外角高めの速球を空振り三振。バーランダーはこれで通算2500三振をマークした。

(引用元:サンスポ)

【被リンク】
今日の大谷は5号ホームランと二塁打

2018.5.14 大谷翔平 先発登板!投球全球 エンゼルス vs ツインズ Los Angeles Angels Shohei Ohtani

2018.5.16 大谷翔平 2番・DHスタメン!打席全球 エンゼルス vs アストロズ Los Angeles Angels Shohei Ohtani

【超速報】大谷翔平7回まで11奪三振ショータイム全部魅せます⚾️❤️エンゼルスは、サヨナラ勝ち㊗️

2018.5.12 大谷翔平 4番・DHスタメン!打席全球 エンゼルス vs ツインズ Los Angeles Angels Shohei Ohtani

2018.5.17 大谷翔平 2番・DHスタメン!打席全球 エンゼルス vs アストロズ Los Angeles Angels Shohei Ohtani

2018.5.17 バーランダー 先発登板!大谷翔平と初対決!投球全球 エンゼルス vs アストロズ Houston Astros Justin Verlander

大谷翔平 2018/5/17 – Shohei Ohtani Angels Highlights – エンゼルス Vs アストロズ | C Highlights

4試合連続安打大谷翔平が示した『日本の流儀』に賞賛の嵐…2番DHは今シーズン初【エンゼルス対アストロズ戦 2018 5 16】

大谷翔平MLB最強右腕に完敗も“進化の兆し”を発見 Shohei Ohtani will evolve further
https://www.youtube.com/watch?v=Ls4uhxkcbrY