米国のペンス副大統領、「核兵器を解体する北朝鮮の具体的な措置を待っている」 (1/17)

米国のペンス副大統領、「核兵器を解体する北朝鮮の具体的な措置を待っている」

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2019/0117/10227776.html

米国のペンス副大統領は非核化に向けた北朝鮮の具体的な措置を依然として待っていると16日(現地時間)述べた。

 米国の声(VOA)などによると、ペンス副大統領はこの日、国務省庁舎で在外公館長会議の演説を通じて「ドナルド・トランプ大統領は金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長と展望が明るい対話を始めたが、米国は米国民と地域内の同盟諸国を脅かす核兵器を解体する北朝鮮の具体的な措置を依然として待っている」と述べた。

 VOAはペンス副大統領のこのような発言は米国が直面した「不良国家集団」を説明する過程で出たが、イランをテロ支援国と名指しし、キューバやベネズエラ、ニカラグアなどを独裁国家と描写したのと異なり、北朝鮮に対する直接的な批判はなかったと伝えた。