文政権初の国防白書…「北朝鮮は敵」の文言を削除=韓国 (1/15)

文政権初の国防白書…「北朝鮮は敵」の文言を削除=韓国

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2019/0115/10227635.html

韓国国防部は15日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領政権発足後初めての国防白書を刊行したと発表した。今回の18年版国防白書では南北間の軍事的緊張の緩和など変化した朝鮮半島の安保環境を反映し、「北朝鮮は敵」という文言が削除された。

 国防部は2年に1度、国防白書を修正しているが、ここには今後2年間の国防政策方向が盛り込まれる。16年版には「北朝鮮政権と北朝鮮軍はわれわれの敵」と記されていた。

 15日に公開された18年版を見ると、北朝鮮を敵と規定していた文言が「韓国の主権、国土、国民、財産を脅かし、侵害する勢力をわれわれの敵とみなす」との表記に変更された。

 これは昨年から続く南北・米朝首脳会談などで、朝鮮半島平和の雰囲気が造成され、北朝鮮を敵ではなく対話の相手として認めるべきとの現実的判断によるものだ。

 国防部はまた、“目標”に南北が軍事的対立と和解・協力関係を繰り返してきたが、軍事的緊張緩和と信頼構築に向けた基盤が準備できたとの内容を入れた。