Pyongyang*old:National Library-North Korea 北朝鮮の昔 人民大学習堂(平壌の世界036)

北朝鮮の国家図書館である人民大学習堂(金正日時代の03年当時)平壌の中心にある市民に向けた北朝鮮最大の図書館。全人民をインテリ化するための思想教育の拠点となっている。00年代に入り北朝鮮でも電子化が進められており、約3000万冊の蔵書のデータベース化か進められている。コンピューター室もこの当時に設置されていたが、ネット環境は国外には通じず、国内でのイントラネットとなっておりそれは現在も変わらない。

チャンネル登録のお願い・subscribe please→URL http://ur0.work/NQcZ

North Korea’s national library(the year of Kim Jong Il in 2003) .The largest North Korean library for citizens in the center of Pyongyang. It is the base of ideological education to intellize the whole people. Even in North Korea, digitization is proceeding in the 00’s, and it is advancing to a database of approximately 30 million book collections. The computer room was also established at the time, but the Internet environment can not communicate abroad, it has become a domestic intranet and it does not change today.