Pyongyang: New Town at Night-North Korea 北朝鮮 ニュータウンの夜景(平壌の世界032)

北朝鮮の中核都市平壌の中心地に2012年にできた万寿台ニュータウンは金正恩時代の始まりを意味するものであった。この地区は夜になるとライトアップされ権力の新時代を象徴する演出が展開されている。全体主義体制による政治的な意味を一般人民に伝達する装置としての都市のメデイア化である。

チャンネル登録のお願い・subscribe please→URL http://ur0.work/NQcZ

In the center of Pyongyang, the core city of North Korea, the Mansudae New Town in 2012 has meant the beginning of the Kim Jong-un era. This area is lighted up at night and the production which symbolizes the new era of power is developed. It is a mediumization of cities as a device to communicate the political meaning by the totalitarian regime to the general public.