米国務省北朝鮮担当特別代表、初の板門店訪問…北朝鮮人事との接触はなし (12/20)

米国務省北朝鮮担当特別代表、初の板門店訪問…北朝鮮人事との接触はなし

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/1220/10226311.html

韓国を訪問しているビーガン米国務省北朝鮮担当特別代表が20日午前、南北軍事境界線がある板門店の共同警備区域(JSA)を訪問した。前日、訪韓したビーガン氏はこの日午前に宿所を出発し、板門店に向かった。

 ある政府消息筋は「JSAの合同勤務に関する事項を確認するために行ったと聞いている」と説明した。別の消息筋は北朝鮮側人事との接触計画はない、と伝えた。今年に入って5回目となる訪韓だが、板門店訪問は初めてだ。

 南北間の「9・19軍事分野合意」により去る10月から南・北・UN司令部の3者協議体はJSA非武装化に向けた会議を合計3回開催した。これに伴い、去る12日には示範撤収・破壊措置をおこなった非武装地帯(DMZ)内11のGP(監視警戒所)に対する相互現場検証を終えた。