米の北朝鮮特別代表、きょう訪韓=米朝のこう着状態解決策・制裁免除を議論 (12/19)

米の北朝鮮特別代表、きょう訪韓=米朝のこう着状態解決策・制裁免除を議論

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/1219/10226202.html

北朝鮮と米国間のこう着状況が続いている中、米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表が19日から3泊4日の日程で訪韓する予定だ。

 ビーガン代表は20日には6か国協議の韓国首席代表を務める李度勲(イ・ドフン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長と協議を実施し、2日目の午前には米韓作業部会(ワーキンググループ)2回目の会議を相次ぎ開催する。

 李本部長とビーガン代表は今回の協議で最近の米朝接触動向、来年初めの北朝鮮核外交対応戦略など非核化と平和体制の実質的な進展案の調整と共に、南北関係など北朝鮮核・北朝鮮関連全般の懸案についても緊密に議論するという方針だ。何より、、北朝鮮が対話を拒否し続けている現状に対する評価と今後の対応戦略に対する議論が行われるものとみられる。

 また21日に開かれる作業部会2回目の会議では1、2セッションに分けて、それぞれ非核化と南北関係問題が集中的に議論される予定だ。

 ビーガン代表の今回の訪韓は北朝鮮が対話を拒否し続けており、こう着状態が長期化している中、年末を控えて関連国間の協議は加速している状況と相まって、さらに注目されている。