大和堆、1624隻に警告 北朝鮮漁船の取り締まり

海上保安庁は14日、日本海の排他的経済水域(EEZ)にある好漁場「大和堆(やまとたい)」周辺での今年の北朝鮮漁船に対する取り締まり状況を発表した。退去警告したのは延べ1624隻(14日現在)で、昨年1年間より299隻減少する一方、北海道などへの木造船の漂流、漂着はほぼ倍増の203件(13日現在)に達した。

記事詳細
https://www.47news.jp/news/3076310.html