Pyongyang: Anti-US propaganda-North Korea 北朝鮮 反米プロパガンダ(平壌の世界023)

北朝鮮では冷静時代が崩壊した現在においても最大の敵は米国であり続け、全体主義国家として反米政策をとっている。その中で平壌の街中で多く見られるのが反米プロパガンダのポスターや看板だ。平壌では定期的に、国内の芸術家に反米デザインのコンテストが開かれている。中国では現在、かつてのプロパガンダのデザインはパロディ―化され現代アートのモチーフになっているが、世界で北朝鮮だけが今も反米プロパガンダが現役として機能している。

チャンネル登録のお願い・subscribe please→URL http://ur0.work/NQcZ

 In North Korea, even as the Cold War era collapsed, the biggest enemy continues to be the United States, taking anti-American policy as a totalitarian state. In Pyongyang you can see posters and signs of many anti-American propaganda. Regularly in Pyongyang, anti-American design contests are held for domestic artists. In China, the former propaganda design is now parodied and becomes a motif of contemporary art, but only in North Korea now, anti-US propaganda is still functioning as active agent in the world.