Pyongyang*old: Kim Il Sung’s death 10 years2004-North Korea 北朝鮮の昔 金日成死去10年忌 04年7月8日(平壌の世界022)

2004年の7月8日の映像。北朝鮮の初代の指導者であった金日成主席が1994年の7月に死去して、10年忌が平壌で催された。時代はその息子である金正日に受け継がれたが、まだ金日成の存在感はそれまでの北朝鮮社会に残っていた。しかしこの10年忌の法要が済むことで、北朝鮮は本格的な金正日の時代へと突入していくことになる。
その転換点となった1日をドキュメントする。昼の12時は3分間のサイレンが国中に鳴り響き、人民による黙祷がささげられた。まさに北朝鮮の転換点となる貴重な瞬間である。

チャンネル登録のお願い・subscribe please→URL http://ur0.work/NQcZ

 Video of July 8, 2004. Kim Il Sung, who was the first leader of North Korea, died in July 1994, and a 10-year death was held in Pyongyang. The era was handed down to his son Kim Jong Il, but the existence of Kim Il Sung remained in the North Korean society so far. However, by completing the legal requirements of this ten-year demarcation, North Korea will enter the era of full-scale Kim Jong Il.
Document the day that turns point. At 12 o’clock in the day, a siren of 3 minutes ringed throughout the country, and a silent prayer by the people was offered. It is precious moment that becomes the turning point of North Korea.