IOC、来年1月に韓国・北朝鮮の五輪関係者との会議開催へ (11/29)

IOC、来年1月に韓国・北朝鮮の五輪関係者との会議開催へ

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/1129/10224957.html

国際オリンピック委員会(IOC)が29日、スポーツを通した韓国と北朝鮮の和解を促進する意味で、来年初めに南北間の政府当局とオリンピック委員会(NOC)関係者が出席する会議を開催する計画だと明らかにした。

 日本メディアなどによると、トーマス・バッハIOC委員長はこの日、東京で開かれた国内オリンピック委員会連合(ANOC)総会に出席しこのように述べた。

 南北は今年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪で女子アイスホッケーの合同チームを構成したのに続き、2020年東京五輪でも合同チームを構成することが検討されている。特に南北は2032年夏季五輪を共同で誘致する方案も推進している。

 IOC関係者は「来年1月、IOC本部があるスイスで南北関係者との会議を開催する方向で調整中だ」と説明した。バッハ委員長は「平和増進に向け何ができるかについて、新たな対話ができるだろう」と述べた。