米空軍司令官 「戦略爆撃機、朝鮮半島上空の飛行を中断」を発表 (11/27)

米空軍司令官 「戦略爆撃機、朝鮮半島上空の飛行を中断」を発表

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/1127/10224761.html

米軍が来年春に予定された「トクスリ(鷲)訓練(EF)」の規模縮小を検討しているのに続き、朝鮮半島上空で米軍戦略爆撃機の飛行を電撃中断することを発表した。

 これは、文在寅(ムン・ジェイン)政府の要請に沿ったもので、B系列戦略爆撃機(B-2、B-1B、B-52)は北朝鮮が最も嫌うものとして知られている。

 チャールズ・Q・ブラウン米軍太平洋空軍司令官は26日(現地時間)、米国防部庁舎で記者陣へ「朝鮮半島上空での飛行を中断する」とし、「今回の措置は、北朝鮮の非核化を促すための外交的空間を用意するのに役立つだろう」と明かした。

 また「外交交渉を霧散させる行動はしたくない」と述べた。