トランプ大統領「北朝鮮のミサイル基地すでに把握」 (11/14)

トランプ大統領「北朝鮮のミサイル基地すでに把握」

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/1114/10224014.html

米国のトランプ大統領が米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が発表した北朝鮮の未公開ミサイル基地現況と関連し、「われわれは論じられている基地のことは十分把握している。新しいものは何もない」と13日(現地時間)伝えた。

 トランプ大統領はこの日Twitterを通じて「通常とは異なることは何も起きていない」とし「もし状況が悪化したら私が真っ先に知らせるつもりだ」と付け加えた。

 最近までトランプ政権は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長との2次首脳会談を議論していた。

 しかし去る12日、CSISが衛星写真を通じて、北朝鮮が隠してきたミサイル基地13か所を発見したと発表し、論争が起きた。

 CSISは北朝鮮がこの基地を移動可能な核能力保有見祭いるを隠すのに使用でき、米国と交渉している間も場所を保存できると警告した。

 韓国政府はCSISの報告書に登場したミサイル基地を数年前から把握していたと明かした。また、トランプ大統領は北朝鮮に対して融和的な態度を崩さず、核廃棄に関しても「時間が必要だ」という立場を示してる。