北のミサイル施設特定報道、韓国政府「米情報当局と協力して監視」 (11/13)

北のミサイル施設特定報道、韓国政府「米情報当局と協力して監視」

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/1113/10223981.html

韓国政府は、北朝鮮のミサイル施設が特定された地域について「綿密に監視および追跡している」と明らかにした。

 これを前に、米国シンクタンク国際戦略問題研究所(CSIS)は「北朝鮮がこれまで公開していない最少13か所のミサイル基地を運営している」との内容を含んだ報告書を発表した。

 外交部(外務省に相当)のノ・ギュドク報道官は13日、定例ブリーフィングで「北朝鮮のミサイル運営と関連した主要地域については、米韓情報当局で綿密に監視し、追跡している」と明らかにした。

 これを前に、CSISは報告書を通して「衛星写真を分析した結果、北朝鮮内に未申告と推定される20か所のミサイル基地のうち、13か所を確認した」と伝えた。このうち1か所は、ソウルから北西方向に約137キロの地点で、有事の際、韓国を打撃することが可能との推定も提起された。