北朝鮮籍?木造船の漂着4件 函館など

北朝鮮籍とみられる木造船が11月5日、函館市や留萌管内苫前町など日本海側で4件相次いで見つかった。第1管区海上保安本部(小樽)によると、木造船やその一部とみられる木片が道内で今年発見された件数は20件ほどあり、昨年1年間の3倍を超えている。函館と留萌の両海保によると、5日午前7時45分ごろに函館市の志海苔漁港沖の約100メートルに設置した定置網、同8時40分ごろに檜山管内上ノ国町の砂浜、同11時半ごろに留萌管内初山別村沖約2キロの海上、午後2時15分ごろに苫前町の海岸で発見されたという。