韓国統一部長官、米・北朝鮮政策特別代表と北朝鮮・外務省副相の会談可能性に「把握してない」 (10/29)

韓国統一部長官、米・北朝鮮政策特別代表と北朝鮮・外務省副相の会談可能性に「把握してない」

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/1029/10222959.html

韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は29日、訪韓中のスティーブン・ビーガン米・北朝鮮政策特別代表が北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務省副相と「板門店(パンムンジョム)会合」をおこなう可能性が提起されることについて「把握している日程はない」と述べた。

 趙長官はこの日、国会外交統一委員会の統一部に対する国政監査に出席し、キム・ジェギョン自由韓国党議員の関連質問にこう答えた。

 米政府は今年8月、ビーガン特別代表を任命し、崔副相を“カウンターパート”と注目し、両者の会談を推進してきた。だが、北朝鮮側は特別な言及や行動を取っていない。

 趙長官はビーガン特別代表と30日に会談し、対北朝鮮政策に関する包括的意見を交換する予定だ。