北朝鮮の資金洗浄容疑でシンガポールの有名CEOを指名手配=米FBI (10/26)

北朝鮮の資金洗浄容疑でシンガポールの有名CEOを指名手配=米FBI

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/1026/10222820.html

米国の連邦捜査局(FBI)が北朝鮮資金洗浄容疑でシンガポールの有名な最高経営者(CEO)であるタン・ウィーベン氏を起訴したと香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が26日、報道した。

 今年41歳のタン・ウィーベン氏はシンガポールで革新CEOとして知られた人物で、2011年から2018年まで北朝鮮の資金洗浄に関与したことがわかった。

 米国財務省はこれと別途にタン・ウィーベン氏と彼が運営している2社に制裁を加えた。

 タン・ウィーベン氏は北朝鮮を助け、北朝鮮の資金数百万ドルを洗浄した容疑をもたれており、これは国連の対北制裁案を破ったものだ。

 タン・ウィーベン氏は北朝鮮の資金洗浄を破っただけでなく地震が運営している海外の会社を通じて、北朝鮮の貨物を運送した容疑ももたれている。

 これによりFBIはタン・ウィーベン氏を起訴する一方で、緊急指名手配した。