露プーチン大統領、「朝鮮半島情勢、肯定的に展開…米朝会談を期待」 (10/19)

露プーチン大統領、「朝鮮半島情勢、肯定的に展開…米朝会談を期待」

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/1019/10222355.html

ロシアのプーチン大統領が「朝鮮半島情勢が肯定的に展開している」と述べた。

 18日(現地時間)ロシアのタス通信によるとプーチン大統領は「朝鮮半島の状況はますます肯定的な方向へ発展している」とし、「すべてが戦争直前だったが、今は幸い平和に近づいた」と述べた。

 彼は「米国と北朝鮮の直接的な接触が続いている。この状況が今後続くことを願う」とし「トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長がさらなる会談を準備中だというニュースを聞いた。会談実現を期待している」と述べた。

 プーチン大統領はロシアが韓国、北朝鮮との3者プロジェクトを通じて、北朝鮮周辺情勢の安定に貢献できると主張した。

 彼は「「韓国、北朝鮮、ロシアを貫通する鉄道を作ったり、ガスエネルギーなどパイプラインを連結して合弁企業を設立することもできる」と説明した。

 プーチン大統領は「経済部門の共同活動は政治や安保問題解決に向けた条件作りに役立つだろう」と付け加えた。