北朝鮮危機にペンス平成の鉄のカーテン演説!状況がハッキリしてきた米中朝情勢!米朝bilateralでしか報道しない日本メディア!【上念司×ケント・ギルバート×居島一平】

8日、ポンペイオ国務長官がソウルから北京に出発する前に記者団に対し多くの計画が必要だと述べ、米朝が詳細で合意すれば直ちに査察官がミサイルエンジン実験施設と豊渓里の核実験場を訪問すると説明、北朝鮮の「金正恩」朝鮮労働党委員長は核ミサイル実験場に国際査察官を受け入れる用意があり、2度目の米朝首脳会談の合意にかなり近い事も明らかにしたが、寧辺施設の閉鎖に進展があるかについてのコメントは控えた事に関する「上念司」氏、「ケント・ギルバート」氏、「居島一平」氏の談義。

ソース:真相深入り!虎ノ門ニュース(2018年10月10日)
    居島一平(漫才お笑いコンビ)
    上念司(経済評論家)
    ケント・ギルバート(米カリフォルニア州弁護士)

※是非チャンネル登録をして他の動画もご視聴ください!
http://www.youtube.com/channel/UCHuYH20ZbWDNnIZwMi6L2nA