ポンペオ米国務長官は7日、北朝鮮を訪問し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と約2時間にわたり会談した。焦点だったトランプ大統領と金正恩氏の首脳再会談… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト

ポンペオ米国務長官は7日、北朝鮮を訪問し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と約2時間にわたり会談した。焦点だったトランプ大統領と金正恩氏の首脳再会談… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。:
https://www.nikkansports.com/general/news/201810080000028.html.

見ていただきありがとうございます。より多くの動画を購読してください:
https://www.youtube.com/channel/UClTabxx0KAmvhaaZzFJsyJg?sub_confirmation=1
 ポンペオ米国務長官は7日、北朝鮮を訪問し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と約2時間にわたり会談した。焦点だったトランプ大統領と金正恩氏の首脳再会談については韓国大統領府によると、なるべく早い時期の開催で一致した。ただ具体的な日程の合意には至らず、実務交渉団を立ち上げ今後協議する。同行の米政府当局者は米朝間で解決すべき課題が依然残っていると表明、非核化を巡る対立は解消されていないもようだ。 米国務省は、金正恩氏がポンペオ氏に、坑道を爆破した豊渓里(プンゲリ)の核実験場への査察受け入れを伝えたと明らかにした。南北首脳会談でも表明していた。トランプ氏は7日、会談を評価し「近い将来、金委員長と会えるのを楽しみにしている」とツイッターに投稿した。 ポンペオ氏は訪朝後の7日夕、韓国に空路移動し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に内容を説明。金正恩氏との会談で北朝鮮による非核化措置や米国の立ち会い、米側が取る「相応の措置」も協議したと伝えた。 訪朝に同行した米メディアによると、金正恩氏はポンペオ氏と1時間半の昼食も共にし「両国のより良い未来を約束するすてきな一日だ」と述べた。 ポンペオ氏の訪朝は約3カ月ぶり、4回目。米朝交渉は米国が核施設のリストや非核化の行程表提出を求め、北朝鮮は体制保証の一環として朝鮮戦争の終戦宣言に応じるよう要求し、対立している。ポンペオ氏は6日、安倍晋三首相に対し、金正恩氏との会談で日本人拉致問題を改めて提起する意向を示していたが、取り上げられたかは不明だ。 同行の米政府当局者は米メディアに「前回より良い訪問だった」と一定の前進を示唆しつつ、米朝交渉は今後も「長い道のりになるだろう」と述べた。一行が訪朝した際、平壌の空港では金正恩氏の最側近、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長が出迎えた。 ポンペオ氏は韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相とも対応を協議。8日には北京で中国の外交担当トップ楊潔■(よう・けつち)共産党政治局員や王毅(おう・き)国務委員兼外相と会談する。 金正恩氏はポンペオ氏が前回7月に訪朝した際、会談しなかった。北朝鮮外務省はこの訪朝が終わった直後に、米側が一方的に非核化を要求したと非難した。ポンペオ氏は8月下旬に訪朝する予定だったが、成果が見通せず中止になった。(共同) ※■は竹カンムリに后の一口が虎
#ポンペオ米国務長官は7日、北朝鮮を訪問し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と約2時間にわたり会談した焦点だったトランプ大統領と金正恩氏の首脳再会談…日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports, #com)
#社会, #日刊スポーツ