中国観光客、北朝鮮へ 大同江でクルーズ満喫

中朝関係の改善を背景に、北朝鮮を訪れる中国の観光客が増えている。北朝鮮は8月上旬、外国からの観光客受け入れを一時中断する方針を決めたもようだが、観光インフラの強化を図っており、建国70年を迎える9月から一層のインバウンド増を期待する気配だ。7月下旬、平壌を流れる大同江の遊覧船では、中国人観光客らがクルーズを満喫していた。