北朝鮮の新聞 「終戦宣言、米朝軍事対峙が終われば信頼作りに有利」 (8/9)

北朝鮮の新聞 「終戦宣言、米朝軍事対峙が終われば信頼作りに有利」

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/0809/10218254.html

北朝鮮の労働新聞が9日「終戦宣言発表で、朝米(米朝)の間に軍事的な対峙状態が終われば、信頼作りへ向けた有利な雰囲気が用意されるだろう」とし、米国の終戦宣言採択を再度、要求した。

 新聞はこの日、論評で「終戦宣言は時代の要求」と伝えた。

 新聞は「シンガポール朝米首脳会談は朝米敵対関係を終わらせ、朝鮮半島と世界の平和と安定を保障しようとする崇高な目的で行われた」とし「朝米が終戦宣言という段階を踏まなければならないとき」と主張した。

 続けて「われわれ共和国政府はずっと前に朝鮮半島で緊張状態を解消し、強固な平和を保障するための最も合理的な方法として終戦を宣言し、停戦協定を平和協定へ変更することを発起した」とし、「双方がともに動いてこそ実現できる」と強調した。

 北朝鮮は先月初め、米国のポンペオ長官の訪朝以降、各メディアを動員して、米国へ向けて終戦宣言の締結を要求するなど攻勢を展開している。