【MLB】2打席連発の大谷翔平、8回に左前打で3安打目→快足で二盗→勝ち越しの生還

写真拡大 10号2ラン&11号ソロで自身メジャー初の2本塁打も記録  エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)の敵地インディアンス戦に「3番・DH」で3試合ぶりに先発出場。初回の第1打席に今季10号2ランを放った。さらに、3回の第2打席でも同点ソロを放ち、2打席連続本塁打とすると、8回の第4打席ではレフト前ヒットで今季2度目の3安打を記録。その後、二盗に成功して、味方の適時打で勝ち越しのホームを踏んだ。  自身メジャー初の3番でスタメン出場した大谷。初回は1死一塁で打席に立つと、1ストライクから2球目の96マイル(約154キロ)の速球を叩き、レフトスタンドへと運んだ。メジャー1年目での2桁本塁打は日本人7人目で、敵地では自身初の本塁打となった。  さらに、1点を追う3回は1死走者なしで右中間へ運ぶ完璧な一発。11号同点ソロは、飛距離443フィート(約135メートル)の特大弾。1試合2発は自身メジャー初となった。  5回2死一塁の場面ではクレビンジャーにチェンジアップを打たされてニゴロに倒れた大谷。しかし、第4打席で再び快音を響かせる。3-3の同点のまま迎えた8回1死走者なしの場面でインディアンスは左腕ペレスを投入。すると、レフト前につまりながらも運ぶヒット。今季2度目の猛打賞とした。  そして、続くプホルスの打席で初球に二盗に成功。今季3つ目の盗塁を決めた。大谷は盗塁を全て成功させている。その後、プホルスは敬遠。シモンズは併殺崩れの遊ゴロで大谷は三塁に進むと、フレッチャーのタイムリーで勝ち越しのホームを踏んだ。(Full-Count編集部)