北朝鮮、ミサイルエンジン実験施設の解体開始か=38ノース (7/24)

北朝鮮、ミサイルエンジン実験施設の解体開始か=38ノース

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/0724/10217205.html

米ワシントン所在の北朝鮮分析サイト・38ノースは23日(現地時間)、北朝鮮が6.12米朝首脳会談で約束した初の措置として、弾道ミサイルエンジンの開発施設を解体し始めたと見られると明らかにした。

 38ノースは去る20日に撮影された衛星写真を通して、「西海衛星発射場」でこうした作業が成されていると伝えた。

 北朝鮮が解体している施設は宇宙発射体を組み立てる建物と弾道ミサイルなどの液体燃料エンジンを開発するのに使われたロケットエンジン試験台だ。

 一方、米国のドナルド・トランプ大統領は6月12日の米朝首脳会談後の記者会見で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が近くミサイルエンジン実験場を破壊することを約束したと明かしていた。