オウム真理教 麻原彰晃の死刑執行により北朝鮮との関係は闇の中

オウム真理教 麻原彰晃の死刑執行により北朝鮮との関係は闇の中

日本の警察よりもアメリカの諜報機関の方がオウム真理教と北朝鮮との関係に踏み込んでいたことを初めて知りました。けれど、オウム真理教と北朝鮮の組織と言うのは非常に似通っています。一人のカリスマ的な指導者の下で徹底的なヒエラルキーが確立されています。何となく相通じるものがあり、呼び寄せる要素は多分にあるでしょう。お互いのメリットあるのも大きいです。
村井秀夫殺害事件は以前から単純に義憤にかられた殺人事件ではないことは報道されていましたし、いくら素人と言えどもそれくらいはわかります。それにしても、余りにも単純すぎませんか。殺害の犯人のつながる先に北朝鮮系の人間がいるという事もわかりやす杉です。けれど、結局うやむやのままです。これで、何もかもわからなくなりました。もしかしたら、日本の警察上部に北朝鮮と関係する人間がいるのではないかと勘繰ってしまうほどです。

引用:http://www.fsight.jp/articles/-/43945