「朝鮮半島の今を知る」(12)『隣人、それから。: 38度線の北』初沢亜利・写真家 2018.7.11

Ari Hatsuzawa, Photographer

訪朝経験は計7回、直近は今年2月。「以前と比べ、平壌市民の服装がカラフルになり自動車も急増した。街の様子からは、制裁で追い込まれ友好路線へ転換したとは思えない」。地方も含め北朝鮮の日常生活を撮影した貴重な映像を紹介しながら感想を語った。

司会 五味洋治 日本記者クラブ企画委員(東京新聞)