北朝鮮より悪質 時には早岐付近の関連や準備的にも拉致監禁罪及び脱税及び核兵器の加害罪及び北朝鮮より悪質位共謀罪277条に値罪も準備的にも時には強制的にも強要的にも脅威的にも集団的にも隠蔽罪及び準備罪

From the time around 16:54 on July 4, 2018 from the time around 20:24 on July 4, 2018 The settlement is also lost The reason why we continue to say that weirdo is also overwhelming for many years over many perpetrators Even if nuclear weapons are also claiming to hide the assault of nuclear weapons, they are harassing with harsh harassment in Japan, harassment by face or personality even in the absence of causation of harassment in Japan, harassment with face and personality Even if there is a drought cause, even if born for American murder or nuclear weapon experiments, even if it was born, all Mr. Naoya Matsuda is infringed and tax evasion and up around 22:20 June 30, 2018 June 30 From the crosswalk near the Saga Bank in Sasebo City to Saga Bank near Saga City Temmachi Town, even if you ignore power harassment separately Even if you calmly still calm and judge you deserve a power desperate upper Killing Americans by a decree, nuclear weapons and war, and also harmlessly in about 33 years around the corner also around 22:24 on June 29, 2018 Mr. Naoya Matsuda near the bowling alley in Sanko-shi Mika-cho from Sasebo City To the extent that the character of opposition was reversed and foreigners as well as foreigners frequently come out to the public as much as they come Publicly in the vicinity of the affiliated banks the victims continued to say that the perpetrators would not escape Needless to say that Mr. Naoya Matsuda From 1 to infinitely overwhelmingly making it evenly humiliated, successively continuing for 33 years from around 22:32 on June 29, 2018, even all the reasons and personality that had penetrated are also opposed to the threatening conspiracy I tried to make Y! Mobile collapse Yoshiyuki Matsuda to the point where I was forcing Mr. Naoya Matsuda all the characters of Mr. Naoya Matsuda to make it criminal, I tried to kill the Americans, Mandatory, compulsory and preparatory pine Mr. Tanaya told me to kill the Americans in addition to being harmful also near Temmaso in Temma Town in Sasebo City and Temmacho Temmacho in Sasebo Tunemachi Temmacho on June 29, 2018 About 40 minutes from around 40 minutes Shimokita Better than the Korean Defeat Concerning the Criminal Prosecution 277 Article As far as continuing to keep all the personality of Naoya Matsuda uprooted in opposition Numerous as well, we continue to say separately now
メインメニューを開く
検索
編集このページをウォッチする
別の言語で閲覧
緊急通報用電話番号
この項目では、各国の緊急通報用電話番号について説明しています。日本における緊急電話(特番)については「日本の電話番号#1XY 特番」をご覧ください。
緊急通報用電話番号(きんきゅうつうほうようでんわばんごう)とは、犯罪事案発生時や災害発生などの緊急時に、当地の警察や消防などの緊急対応機関に通報するための電話番号である。国によってその番号は異なり、日本では110番を警察に、119番を消防と救急に、118番を海上事故(海上保安庁)に割り当てている(2016年現在)。緊急電話とも略す。

概要編集
多くの場合、緊急通報用電話番号は緊急時のみに使用されるものである。緊急通報用電話番号に目的外通話やイタズラ電話をかけることは、受信業務に支障を生じるために、犯罪とされることもある。事態の切迫度に応じて、異なる電話番号を用いるケースもある。例えば、イングランドとウェールズでは、緊急時には999(警察・消防・救急)を用い、救急でない医療事案に対しては、0845-46-47を用いている。アメリカ合衆国やカナダの多くの地域においても、緊急時には911を用い、緊急時以外警察などに連絡する際は311若しくは地元の相談センター用番号(フィラデルフィアでは231-3131)を用いる。

歴史編集
電話の交換業務が手動で行われていた時代にあっては、電話交換手が緊急事態に対する一部の受信業務をこなしていた。その後、電話交換業務が電話交換機に取って代わられると、発信者は警察や消防などを呼ぶ際には関係機関の長い電話番号をダイヤルしなくてはならなくなった。そのため米国やカナダや英国では、 0 にダイヤルすると緊急通報専門の電話交換手につながり、煩わしいダイヤル操作をせずに緊急通報ができるような体制をとっていた。北アメリカの多くの国においては、この体制は1970年代まで続いた。

世界最初の緊急通報用電話番号は、1937年6月30日にロンドンで使用開始されたものである。このロンドンにおける緊急通報システムは、 999 の電話番号が掛けられると同時にブザーが鳴り、赤ランプが点灯し、交換手の注意を引くというものであった。このシステムは次第にイギリス全土に広がったが、すべての電話交換設備がこのシステムに対応するようになったのは1970年代後半のことであった。

北アメリカにおける最初の緊急通報用電話番号は 911 で、1959年よりカナダのマニトバ州ウィニペグなど、一部の都市で使用されるようになった。この911緊急通報システムは、1968年にアラバマ州で米国において初めて使用開始され、1972年にはカナダもそれに変更した。ただし、緊急通報用電話番号の911への変更は秩序だったものではなく、北米電話番号計画に参加している国や地域のほとんどにおいて、911の使用が一般化したのは1980年代のことであった。

パリでは1928年に、電話交換業務時間外に掛ってくる緊急通報も電話交換手が接続をしなければならないことがあり、1929年には1万人未満というごく限られたパリ市民に対してのみ、自動接続システムを導入することで 18 を緊急通報用電話番号とした消防隊への緊急通報を常時可能にするサービスを提供できるようになった。このサービスがフランス全土に普及したのは1970年代のことだった。

極東アジア地域では、初めて本格的な電話網の整備を開始したのが日本であり、その日本の統治下にあった台湾、朝鮮半島、南洋諸島も日本の手によって電話網が整備された。この為、第二次世界大戦前に制定されていた緊急通報用電話番号である 119 はこれらの地域でも使われていた。
日本では電話交換網の整備途上で自動交換が導入され、それと同時に緊急通報電話番号も制定されたため、北米やヨーロッパと違い返って緊急通報電話番号のシステムは一般加入回線(逓信省→電気通信省→電々公社→NTTの交換網)の開通とともにほとんど混乱なく導入された。唯一、米軍統治時代に電話網の復旧・拡大と自動交換化が進められた沖縄県の一部のみ119の導入が遅れた。詳細は119番#ワンクッションコールを参照。
大戦後、南洋諸島は米軍統治下に置かれたため、北米共通の911に変更された。台湾と朝鮮半島では引き続き119が使われたが、朝鮮戦争後の朝鮮民主主義人民共和国では復興に際して旧COMECON加盟国で採用していた 消防01・救急02・警察03 に変更された。日本において警察用緊急通報番号の分離(110)は1948年に実施されたため台湾や大韓民国では採用されていなかった。韓国は 112 を採用し、台湾では日本に倣って110を採用した。

ヨーロッパでは、1972年にCEPTが緊急通報用電話番号として 112 の使用を推奨し、1991年7月29日にはEUもそれを採用した。このため、ヨーロッパでは従来の自国・地域の緊急通報用電話番号に加えて欧州共通の112を併用している国や地域も多い。

2008年1月には、IETFがIPネットワークにおける緊急通報に関するRFCを公表した。

各国の緊急通報用電話番号編集
アジア編集
国警察救急消防備考脚注
アラブ首長国連邦999, 112998, 999997
イスラエル100101102携帯電話から:112
イラン110115125携帯電話から:112
インド100102101交通警察:103、携帯電話から:112
 インドネシア110118, 119113捜索および救助:115、自然災害:129、電気:123、携帯電話および衛星電話から:112
 オマーン9999
カタール999
キプロス112, 199
クウェート777
サウジアラビア999997998交通警察:993、救助:911, 112, 08
シンガポール999995携帯電話から:112, 911
スリランカ119110111事故:11-2691111
タイ1911669199バンコクEMS指令センター(バンコク都内のみ):1646、観光警察:1155
北朝鮮010203日本は北朝鮮を承認しておらず、国家間の連絡も正常に取れない状況のため、日本人が緊急ダイヤル