【コラム】W杯から逆算して取り組んだ“走り改革” あのゴールには原口元気の4年間が詰まっている(SOCCER KING) – Yahoo!ニュース

【コラム】W杯から逆算して取り組んだ“走り改革” あのゴールには原口元気の4年間が詰まっている(SOCCER KING) – Yahoo!ニュース
7/5(木) 6:18配信  日本がワールドカップのラウンド16でゴールを決める。それは決勝トーナメントに進んだ過去2大会で一度も成し遂げられなかったことだ。だからこそ、その大舞台で、しかもFIFAランキング3位のベルギーを相手に、原口元気がゴールを決めたのはまぐれでも運でもない。彼が4年間取り組んできた“走り改革”で培ったものすべてが凝縮されたゴールだった。【動画】スペイン撃破でロシア各地のファンが大興奮! 速く走るだけなら簡単だ。原口が求めたのは、速く走った後もバテずに高い質でプレーすること。そのために彼が本格的にトレーニングを始めたのは2014年2月のことだった。訪ねたのは筑波大学体育専門学群の谷川聡准教授。元110メートルハードルの選手で、アテネ五輪では日本記録を樹立した走りのスペシャリストである。最初は「責任を持てない」と門前払いを食らったが、原口は週1回のペースで大学に足を運び、課された課題を黙々とこなした。  最初に手をつけたのは「走る」ことではなく、「止まる」ことだった。原口が「速く走るためには、止まれないといけない」と説明してくれたことがある。「最初は止まるためのトレ…
#【 #コ #ラ #ム #】 #W #杯 #か #ら #逆 #算 #し #て #取 #り #組 #ん #だ #“ #走 #り #改 #革 #” #  #あ #の #ゴ #ー #ル #に #は #原 #口 #元 #気 #の #4 #年 #間 #が #詰 #ま #っ #て #い #る #( #S #O #C #C #E #R #K #I #N #G #) #Y #a #h #o #o #ニ #ュ #ー #ス