北朝鮮寝技、アメリカ激怒、リスト最上段に金正恩…日本のお花畑、対話ムードにミサイル防衛は必要ない?

米国ホワイトハウスのジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は1日(現地時間)、「北朝鮮の全ての大量破壊兵器(WMD)と弾道ミサイルを1年以内に解体する方法について、マイク・ポンペオ国務長官が間もなく北朝鮮と話し合うだろうと確信している」と語った。トランプ政権内でも代表的な対北朝鮮強硬派のボルトン補佐官は1日、米国NBCテレビの番組に出演し「金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長はシンガポール首脳会談のとき、過去の政権とは違うと何度も強調した。今度こそ、彼らの行動を通して確認する番」だとしてこのように語った。