【紹介】メディアは死んでいた 検証 北朝鮮拉致報道 (阿部雅美)

商品の詳細はこちら
★Amazonで見る1 https://tinyurl.com/yblttm2y
★Amazonで見る2 https://tinyurl.com/y9gsy52m
★楽天市場で見る https://tinyurl.com/ybknwrbn
★Yahooで見る  http://bit.ly/2KCuKTU
★7netで見る   http://bit.ly/2lOKmJk
★Kindleで見る  https://tinyurl.com/y7s2ovvo
★楽天koboで見る https://tinyurl.com/yc443so8
★Kindle読み放題 http://tinyurl.com/jqrtef5

今回紹介するのは、 メディアは死んでいた 検証 北朝鮮拉致報道 という本です。

メディアが死んだ日。

昭和55(1980)年1月、北朝鮮による日本人拉致疑惑をいちはやく報じた元産経新聞社会部記者阿部雅美氏による拉致取材記録である。

阿部雅美氏は、会う人に「拉致問題の存在を知った時期はいつか」を尋ねている。私が拉致問題を知ったのは昭和63(1988)年、前年に大韓航空機爆破事件で逮捕された金賢姫が年が明けてから、日本人教育係の李恩恵の存在を告白し、その10年前の昭和53年に失踪した3組のアベックのうちの1人ではないかとマスコミが盛んに取り上げたときである。3組のアベック蒸発事件は、そのとき初めて見聞きした情報なのに、既報であるかのような扱いに違和感を覚えたものである。阿部雅美氏も「長い間、産経の報道を虚報扱いし続けてきた新聞、メディアがこぞってアベック3組を、まるで自社の既報であるかのように扱う報道が溢れ、唖然とした」と書いている。昭和55年に阿部氏による「3組のアベック拉致疑惑報道」がなされていたことを、私が知ったのは1997年になってからである。
その1988年の3月26日、国会で初めて3組のアベック蒸発が取り上げられ、梶山静六国家公安委員長が「北朝鮮による拉致の疑いが十分濃厚でございます」という重大な答弁をしたのに、マスメディアはほとんど無視した。産経新聞と日本経済新聞がベタ記事で取り上げただけで、他の新聞は1行も取り上げなかった。阿部氏は「これは尋常でない。トップニュースになるべき歴史的な国会答弁がテレビニュースに流れなかった」と驚き、この日を「メディアが死んだ日」と述べている。
阿部氏は、そのことを知った時点で、大きく紙面報道することを社内で強くすべきだったと悔やんでいる。政府が国会で北朝鮮による日本人拉致疑惑の存在を認めたとなれば、他紙もテレビもそれなりの報道をせざるを得ないはずで、これを契機に拉致取材合戦が始まり、新事実が明らかになって、世論が盛り上がる可能性もあったのに、そうしなかったことを恥じ入っている。
1985年に発覚した原勅晁さん拉致でも動かぬ証拠がありながら、メディアの扱いは小さく、日本社会は反応を示さなかった。アベック拉致疑惑報道も間もなくやみ、そうして1997年のめぐみさん拉致疑惑発覚まで、取り返しのつかない空白が生じたのである。
1997年にようやく「家族会」や「救う会」ができたときは、「これでようやく解決に向かう」と嬉しく思った反面、「政府はこれまで何もやってこなかったのか」と暗澹たる気持ちになったものである。
長年、「拉致なんてない。でっちあげだ」と言い、あったとなると「たった10人ぐらいのことで」などとのたまった左翼たちには、心底怒りを覚える。彼らは現在「モリカケ」のような些末な案件で、安倍政権を弱らせ、倒そうと懸命である。青山?晴氏もケント・ギルバート氏も「憲法前文と憲法9条の縛りがあるため、拉致被害を食い止めることができなかった」「交戦権のない国は国民を守ることができない」と憲法改正の重要性を説いており、左翼たちは憲法改正を潰そうと必死なのである。
横田早紀江さんは「拉致問題がしっかり解決されなければ、日本はもっと良くない方向に行く気がしてなりません。拉致が解決されない日本って本当に、絶対におかしいですよ」と言う。拉致問題は他人事ではなく、日本人全体の問題なのである。
初期の頃は元気に活動されていた横田滋さんも有本嘉代子さんも痛々しいほどに老いてしまった。もう猶予はない。拉致問題は次の世代に積み残してはならないのである。

阿部氏は、「どう報道したか、しなかったか、が正しく記憶されるべきではないだろうか。それらをも含めて拉致事件と考えるからだ」「拉致事件の存在を知った時期に、人により20年もの隔たりがあるその異様さを、メディアの不報と合わせて読み取っていただければ幸いだ」と述べている。

以上、興味のあるかたは、実際の商品をアマゾンなどでご確認ください。
今回は、最後までお付き合いありがとうございました。
良かったら、『チャンネル登録』をお願いいたします。

商品の詳細はこちら
★Amazonで見る1 https://tinyurl.com/yblttm2y
★Amazonで見る2 https://tinyurl.com/y9gsy52m
★楽天市場で見る https://tinyurl.com/ybknwrbn
★Yahooで見る  http://bit.ly/2KCuKTU
★7netで見る   http://bit.ly/2lOKmJk
★Kindleで見る  https://tinyurl.com/y7s2ovvo
★楽天koboで見る https://tinyurl.com/yc443so8
★Kindle読み放題 http://tinyurl.com/jqrtef5

●Amazon検索する https://tinyurl.com/zlydw3f
●楽天で検索する https://tinyurl.com/hnoq7dp
●Yahoo!検索する https://tinyurl.com/m9hdfpa
●Kindle検索する https://tinyurl.com/hz96j7r

●Kindle読み放題 https://tinyurl.com/jqrtef5
●聴本 audiobook https://tinyurl.com/y7r4nevd