【日本ニュース】韓国と北朝鮮 鉄道の連結に向け事前調査へ

韓国と北朝鮮は、南北の鉄道の連結について次官級の協議を開き、来月から南北が合同で軍事境界線をまたぐ路線の調査を行うことで合意しました。
ことし4月の南北首脳会談の共同宣言での合意を受けた韓国と北朝鮮の鉄道連結についての次官級の協議は、26日、軍事境界線のパンムンジョム(板門店)にある韓国側の施設で、およそ11時間にわたって行われました。

協議の終了後に発表された報道向けの文書によりますと、南北は共同調査団をつくり、来月24日から軍事境界線をまたぐ、朝鮮半島西側のキョンウィ(京義)線の調査を始め、その後東側のトンヘ(東海)線についても調査するということです。

そのうえで南北は、鉄道の連結と補修に向けて、設計や工事方法などについて具体的な検討を進めるとしています。

ムン・ジェイン(文在寅)政権は、朝鮮半島の西側に南北と中国、東側に南北とロシアを結ぶ経済ベルトを構築して、経済成長につなげる構想を掲げていて、鉄道の連結を早期に実現したい考えですが、現在は北朝鮮への制裁措置があるため、まずは、調査と研究を先行して進めるものとみられます。
=============================================
【Youtube】 : https://www.youtube.com/channel/UCYapPwjV8XJUYGpgNcV11EA
【Website】 : https://www3.nhk.or.jp